購入リスト

メンタルヘルス

メンタルヘルスとは、心の健康のことです。 企業では、複雑な人間関係や長時間労働などのストレスにより、メンタルヘルスに不調をきたす人が増えています。精神衛生、精神保健と称され、うつ病などの心の病気(精神疾患)がもたらす様々な問題を考えます。

Case # 0327
夫はどうしちゃったの!
概要

銀行の総務課員である東条は全社的な業務改善プロジェクトの事務局として多忙な毎日を送っていたが、その貢献が評価されて新設された顧客対応窓口の課長に昇進することになる。しかし無理がたたり「うつ病」を発症させてしまい、休職することになった。会社としては昇格させたことが仇となったと判断し東条を降格処分とすることにした。

対象層
管理職
文字数
約2,400字

購入リストに追加

Case # 0326
あるベテランサービスマン
概要

工作機械メーカーのベテランサービスマン田口明夫は豊富な知識・経験と実績が抜きん出ている。上司である藤倉リーダーは彼を高く評価してきた。ところが、その田口にいろいろ問題が生じているのである。遅刻や無断欠勤が多くなり、とうとう顧客にも迷惑をかけてしまった。最近藤倉リーダーは田口が同僚に「なかなか最新のテクノロジーについていけない」とこぼしているという噂を耳にした。

対象層
管理職
文字数
約1,100字

購入リストに追加

Case # 0325
憂鬱な季節
概要

現在、子会社で気楽な日々を送っている佐々木監査役は、桜の咲く季節には昔の出来事を思い出して憂鬱な気分になる。あまり接触が無く、存在感を感じなかった若い部下の藤田がある日突然、一方的に暴言を吐いて立ち向かって来たのである。様子を見ると、明らかに精神に異常を来している。その場は何とか治まったものの、佐々木は善後策に悩んだ。人事担当の課長に通告すべきか迷っているうちに、転勤の発令を受け、準備に忙殺されていて忘れてしまった。その後、藤田が退職したという話を聞いた。何があったかは不明。当時の自分の対応を後悔しているが、いかにすべきだったか、妥当な方策はあったのか、この年になっても分からない。

対象層
管理職
文字数
約2,000字

購入リストに追加

Case # 0311t
大塚弘子さんの訴え(ティーチング・ノート)
概要

ケース「大塚弘子さんの訴え」(#311)のティーチング・ノートです。

料金:3,000円(税別)です。

※ティーチング・ノートは、研修を実施する際に必要なケースの分析や設問例などを記載したものです。作者の意図や狙い・背景なども書かれています。

 

対象層
社員
文字数
約4,500字

購入リストに追加

Case # 0311
大塚弘子さんの訴え
概要

大塚弘子さんはスーパーマーケットの清掃をパートですることになった。
ところがパートのチーフから陰湿ないじめを受け続けた。大塚弘子さんは
その都度何とか我慢してきた。しかしついに体調を崩すまでになった。思
いあまって上司の係長へ相談したのだが、まともにとり上げてもらえない
ばかりか、係長は逆にチーフの肩を持つ始末であった。

対象層
社員
文字数
約2,000字

購入リストに追加

1 / 212
ページトップへ